maindo さん のプロフィール

性別: 男性    年齢: 36歳
クチコミ投稿数: 61件(全国 5位)

登録情報

クチコミ

 

65 件中の 41-50 件を表示しています
場外市場食堂おふくろ(有)(1)[ 寿司(すし) / 二十四軒駅 ]
場外市場食堂おふくろ(有)
(2009/01/20 17:16)
4.0
かおりがよく、喉をとおるときに心地好いにぎりです。どうだーっと威圧感のあるような高級路線の鮨種はなくても、すめしと煮きりのチカラで美味しい値(あたい)が上昇→おいしいねー。

風がひんやりしてきてから木の札にくわわった「さば」も、とても好きなしめ加減。一度ならず二度三度、おかわりを我慢することが出来ません。そういえば普段はひとつで充分な「こはだ」も此方で頂いて、美味しいさかななんだと気づかされました。「あなご」は注文がはいると炙ります。じつは、あなごを炙ってしまうのは好みではなかったのですが、程好い脂のりで・・すっかり炙り好きに宗旨替え。きちんと換気されていまして、炙る時のかおりが席まで届いたりしません。「まぐろ」は「づけ」を楽しむことが多いのですが、かなり好みな感じの「とろ」に出合える夜もあるのです。いい鮪があってあたりまえーな、お高い店ではないだけに嬉しさもひとしお。そしてそして、あたたかい「潮汁」の美味しさには冷たい心までほかほか。わたしのなかの好きな潮汁第一位です。
しぶや寿し居酒屋(1)[ 寿司(すし) / 西28丁目駅 ]
しぶや寿し居酒屋
(2009/01/20 17:15)
4.5
寿司屋と言えば「へい、らっしゃい!」と言うイメージがあったし、そこまでは行かなくとも、ほどほどにハッキリした声できびきびしゃべる人がいるイメージはあったのですが…。ここの親父さん、めちゃくちゃ穏やかで聞き取れるギリギリくらいの声でしゃべるんですね。別の意味で印象的です。

さて、他の方も書かれているように、最初に嫌いなものがないか確認します。そして大きな笹で包んで入れられている箱からネタを取り出し、切り出して、一人分のすべてをやはり大きな笹に並べて準備をされます。握る速度は確かにペースが速く感じられました。

僕の前にも笹が置かれます。これが皿代わりとなるようです。
すし善円山店(1)[ 寿司(すし) / 円山公園駅 ]
すし善円山店
(2009/01/20 17:13)
4.0
先日、久しぶりにチャレンジデーに行きました。祝日だったからでしょう、とても混んでました。それにもかかわらず、サービスがちゃんとしていたのは、さすがにすし善さん。

お寿司屋さんが高級店と回転寿司に分化して、普通のお店が少なくなったようで、寂しいです。高級店にはなかなか行けないし、回転寿司ではちょっと不満。回転寿司も悪くはないけれど、ご飯の味、握りの大きさ、タネとご飯のバランスが今ひとつ。それに、握りたてを食べたいからといって、そのタネが回っているのに注文することはしたくない。この円山店は、庶民でも何とかなる値段なのが嬉しいです。

食べたお寿司ですが、白身魚(鯛、平目)は、香りが良く大衆店では食べられない味。針魚もシロエビも美味しかったです。締めた小鰭と平目は、タネの味が勝ってしまって、もう少しバランスを考えてもよかったかな。全体としては大満足。個人的には、ご飯の味をもう少ししっかり付けた方が好きですが、これは北海道の寿司のスタイルで仕方がないのでしょう。

この日だけに限れば星4つかなとも思いますが、普段の印象も入れると、評価はこうなりました。3以上はお薦めのつもりでいます。
和喜智(1)[ 寿司(すし) / 円山公園駅 ]
和喜智
(2009/01/13 14:46)
5.0
店内は北海道の鮨屋の雰囲気ではありません。東京の鮨屋のようですね。
江戸前で赤酢という情報は入っていましたので、北海道のネタでどんなものが出るのか
興味深々でした。

メニューは、おまかせで8000円と10000円のコースだけのようです。
8000円でお願いしました。

まずはつまみから

平目と鮪(トロ、赤身)
牡蠣オイル漬け
帆立海苔巻き
たらこのからすみ風
いか塩辛
煮蛸
秋刀魚のたたき

刺身は普通に醤油を出すんですね。この辺は道民向けな気がします。
鮪は熟成がいい具合です。酸味しっかり出て、好きな人は大好きでしょう。
平目も寝かせてあり旨味しっかり、食感しっとり。

牡蠣オイル漬けもなかなか。最近流行っているのかな?これ結構食べる機会があります。
酒に合うんだよね。帆立海苔巻きはいい具合の火のとおり方。うーん北海道の味。

どれおいしかったですが、面白かったのが、たらこのからすみ風と秋刀魚のたたき。

たらこのからすみ風は、生のたらこ(すけそうだら)をからすみを作る要領で。
これは食べたこと無かったので、結構衝撃的。たらこの風味なんだけど、いい具合に
ねっとりと歯にからむところが「からすみ風」。旨し。いやー日本酒に合う。

秋刀魚のたたきは稲わらで燻したもの。少し強めの燻した香りが秋刀魚の生臭みを消し、
脂の香りと一体となって、パンチのある一品に。これも旨い。酒がすすみます。

大善(1)[ 寿司(すし) / 西28丁目駅 ]
大善
(2009/01/13 14:28)
5.0
このお店には今回で2回目。

あまりに美味しかったので口コミに紹介しないでいました^^

席はカウンターのみなので、予約が必須です。

料金は7000円くらいと10000円のコースがあります。

今回は10000円のコースを選択。

お寿司に入る前にホタテの磯部やカキのオイスターなど次々と驚きの料理が出てきました。

ホタテの磯辺は暖かいホタテと海苔の相性が抜群。カキのオイスターも脂っこくなく、カキの味が濃縮されており今まで食べたカキでは最高の味でした。

何品かオリジナルな料理のあとはお寿司に。

以前に来たときは赤酢を使っており、シャリが若干赤かったのですが、今は米酢を混ぜているとのこと。日々進化しているんだなぁと関心しました。
大漁寿し若駒(1)[ 寿司(すし) / 二十四軒駅 ]
大漁寿し若駒
(2009/01/13 14:26)
4.0
今回特に絶品と思ったのは金目昆布〆。これはこれまで食べた中で最も美味しい金目鯛だった。
飲み込んだ後、しばし陶酔。
もうひとつの特筆は玉子。
何を練りこんでいるのか僕にはそこまでは判らないのだが、とても美味しい玉子焼きであった。
二種いただいたが、特にカステラ風玉子は妻絶賛。
最後に巻いていただいた山葵巻きも柔らい味で満足した。
しゃりは主張しないしゃりで脇役に徹している感じ。
ネタの旨みを一段上げるしゃりはとても気に入った。
今回はおこのみでつまみながら飲んだので一人10,000円近かったが、
おまかせ10巻で4,000円とのことなので、それで済ませてしまえばCPは非常に高いと思う。
お隣の家族連れはそれだったが、盛り込みではなく好みを聞きながら一巻一巻丁寧に
出していたので、決して手抜きをしているわけではない。
接客も柔らかくきちんと気配りされている。
素晴らしい鮨やだと思う。
武ちゃん寿し(1)[ 寿司(すし) / 西15丁目駅 ]
武ちゃん寿し
(2009/01/13 14:24)
4.0
最初の鮃で既にふらふらとなり、次の縞鯵でもう無条件幸福でした。あとはずっと夢の中。
追加の車海老は海老翼というか蛇足でしたが、それは完全にこちらの問題です。

斎藤さんは本当に端正なお寿司を握りますね。
トータルバランスの妙を第一義に置いた、何かが突出しすぎたりしないように計算されたつくりのお寿司というか。
でも決して無個性で平板なものというわけではなくて、ネタと舎利と山葵と煮きりとがそれぞれの旨味を補い引き出しあいながら、どこにも角のない球形として存在している感じ。これはもう超一流のなせる業と言って良いのではないでしょうか。

接客についても、こちらが求めていないのに立ち入ってくることはなく、そしてこちらが求めたときには笑顔で話を広げてくれる、その 付かず離れず感 が心地良かったです。
錦州寿司(1)[ 寿司(すし) / 円山公園駅 ]
錦州寿司
(2009/01/13 14:20)
4.5
まず、店主の方の気配りは、皆様が書かれている通り素晴らしいと思います。

お鮨は、(残念ながら先代のお仕事を知りませんが)独創的で、好みはやはり分かれると思います。
特にお鮨では、お店によって「うちの味はこうだ!」という押しつけが強く、食傷することがあります。こちらのお店も押し出しは確かに強いですが、それでも美味しく頂けました。

当初の予定より多く頂きましたが、イヤな顔ひとつせず、握って頂きました。

最後に気持サービスしてもらいました(ように感じました)。 文頭でも書きましたら初見にここまで細かく気配りされるのは素晴らしいと思います。お値段は(私的には)はりますが、やはり再訪したいという気持にさせられるお店です。
鮨の魚政(1)[ 寿司(すし) / 二十四軒駅 ]
鮨の魚政
(2009/01/13 14:18)
3.5
頼んだのは、車で行ったので握りのみのコース。
土地のものが3割、その他のものが7割。
つまみの方が土地のものが多いそうです。

どの握りもしっかりと食材を選ばれていて、ものすごくしっかり仕事をされていました。
握りは口の中に入れると、舎利がホロリと崩れ、
ものすごく新鮮なネタが、舌に至福の旨みや心地よい食感を、
そして鼻腔に強い香りを放ち、幸福な時間を過ごさせていただきました。
覚えている限り、食べたのものを書いておきます。
烏賊・紫雲丹・唐津の雲丹・蝦蛄・車海老・コハダ・鮪大トロ・鮑・蛤・穴子・玉子焼き・のどぐろ
鮨処菊水(1)[ 寿司(すし) / 二十四軒駅 ]
鮨処菊水
(2009/01/13 14:11)
4.0
カウンター席に通されランチメニューを差し出されましたが好きなものが食べたいのでお好みで
握って貰いました。先ずは生ビールを頼んで。
握りは大トロ、中トロ、えんがわ、あなご、鯛、しめさば、玉子、ウニ、イクラなどなど。あと巻物を二品。
先ず驚くのはその安さ。握りは一カン一律¥137。巻物は細巻なら一本一律¥273。安っ。
そして次に驚くのが握る早さ。一気に握りを注文して他店ならだいたい早くて5分、遅いとそれ以上待って
からようやく2カンづつ出てくるのが普通なのですが、こちらは注文して3分経つか経たないかくらいで
注文の握りが全部出てくる。板さんホントに握ってた今???と思うほどの早業。恐れ入りました。
最後の驚きはやはりお会計。二人でたらふく食べて¥4000ですよ。1人¥2000って…ビールも呑んで
この安さは素晴らしい。